トラネキサム酸を最安値・激安で買う方法

トラネキサム酸の価格はいくら?どうすれば激安・最安値で入手できる?


手軽に激安最安値価格でトラネキサム酸を入手したいなら、個人輸入代行を利用するとよいでしょう。なお、個人輸入代行を利用する場合、業者によって価格がことなるため、業者えらびが重要となります。激安最安値で購入したい場合は慎重に選びましょう。以下は業者別価格ランキングとなりますので、業者えらびで迷ったら参考にしてみてください。

 

※トラネキサム酸500mg(1錠あたり)の最安値価格となります。

 

1位 オオサカ堂

33円

 

2位 JISA

34円

 

3位 FinePlus

37円

 

 

激安最安値のオオサカ堂であれば、1錠あたり33円という価格で入手可能です。一般的にはトラネキサム酸750mgが1日分の服用量なので、1ヶ月分なら500mgで50錠ほどになります。つまり、トラネキサム酸を入手する手段として個人輸入代行を利用すれば、1ヶ月分の価格は2000円でおつりがくるという激安最安値です。もし、おなじ量を病院で処方してもらったとしたら、価格の差はどのくらいになるのでしょうか。

 

病院でトラネキサム酸を処方された場合の価格とは


薬価とは薬の定価を意味する言葉であり、トラネキサム酸500mgの1錠あたりの薬価は18.3円となります。保険適用なら3割負担となるため、価格はさらに激安になります。この価格だけ見ると「個人輸入のどこが最安値なの?」と疑問に感じる人もいるでしょう。しかし、単純に価格だけで激安かどうかを比較するだけでは、あまり意味がないのです。

 

病院で処方される医薬品の量は、だいたい1ヶ月分ときまっています。そのため、1ヶ月ごとに病院に通わなくてはなりません。さらに、しみや肝斑治療を目的としてトラネキサム酸を服用するのであれば、保険適用外となるため全額負担の価格となります。治療のためではなく美容目的の使用なのですから、保険がきかないのは仕方がないともいえます。激安最安値から程遠いのも仕方ありません。

 

なお、処方される医薬品すべてが保険適用外なら、診察費も保険がきかず全額負担となります。これでは激安最安値とは程遠くなってしまいます。たとえば、トラネキサム酸を美容目的で処方してもらう場合、1ヶ月にかかるおおよその価格は以下のとおりです。

 

初回 初診料2830+処方料1000+トラネキサム酸(50錠)915→計4745円
2ヶ月目から 再診料720+処方料1000+トラネキサム酸(50錠)915→計2635円

 

※この計算は一般的なデータをもとにしています。保険が適用されない自由診療では、病院が価格を設定できるため、場合によっては、もっと高額になるかもしれません。いずれにせよ、受診するまえに確認しておくと安心でしょう。

 

初回は初診料がかかるため、5000円弱の価格がかかります。2ヶ月目からは初診料はかかりませんが、それでも月に2635円かかり、個人輸入のほうが激安最安値購入できることになります。また、病院に行くために電車やバスを利用すれば、その交通費も負担しなければなりません。激安という訳にはいきません。さらに、忙しい人になると、病院に行くための時間を作らなければなりません。仕事帰りに立ち寄れる病院がなければ、休暇をとるか、せっかくの休日を使うしかありません。このように、時間と費用の両方を失うことにもなってしまいます。

 

 

 

以下の表は、個人輸入代行と通院のそれぞれにかかる金額をまとめたものです。
※トラネキサム酸1ヶ月間を50錠とする場合

個人輸入代行 1650円
通院(初診) 4745円+交通費
通院(再診) 2635円+交通費
市販品 3600円

市販されているトラネキサム酸を服用することもできますが、個人輸入代行の利用と比較すると価格が割高だと感じるはずです。トラネキサム酸を激安最安値で入手したいのであれば、個人輸入代行の利用をおすすめします。

 

トラネキサム酸ってどんな薬?


医薬用医薬品としても使われているトラネキサム酸の概要で他の効果として肝斑の改善作用があることがわかっている成分です。

 

トラネキサム酸はアミノ酸の一種でたんぱく質を構成している英文の必須アミノ酸リシンを人工合成したものです。
炎症を引き起こす生体内の酵素であるプラスミンを抑える抗プラスミン作用を持っていて、のどの腫れや口内炎の治療薬、歯磨き粉などにも使われています。
肝斑でない人が服用したときでも特に体に悪い影響が出る成分ではないです。

 

肝斑は女性ホルモンの乱れが原因の一つとも言われていますが、トラネキサム酸が直接働きかけるわけではありません。
経口避妊薬の服用や妊娠、閉経などが影響しているため肝斑が出来るのは女性ホルモンが関係しているといわれていますが、トラネキサム酸の作用する仕組みは乱れた女性ホルモンを修正するのではありません。

 

トラネキサム酸はメラニン発生の要因の一つと言われているメラノサイト活性化因子のプラスミンを阻止して、肝斑の原因になるメラニンの発生を抑えることで薄くする作用があるとされています。
今までの研究でも女性ホルモンの分泌などのホルモンへ直接的な影響があることは確認されていません。

 
http://www.kevinvanhentenryck.com/ http://www.francehotels-paris.com/ http://extraitxmature.net/ http://promoterschampionship.com/